クリアネオパールで正しくケアしないと悪化する?

クリアネオパール悪化について

クリアネオパール(CLEANEO Pearl)は、デリケートゾーンの黒ずみやニオイを改善してくれるボディーソープ!

 

ワキガクリームで有名なクリアネオの女性向けボディーソープなんですね。

 

クリアネオパール

 

クリアネオパールの公式サイトを最初にチェックする

 

ニオイに効果のあるクリアネオクリームの公式サイトはこちら

 

デリケートゾーンは、トラブルの起こりやすい部位。

 

デリケートゾーンのトラブルには、次のようなかゆみやニオイがあります。

 

これらのケアを間違うと悪化しかねません。

 

まずは、どんなトラブルがあるか見ていきましょう。

 

下着などで締め付けられやすい

 

下着などで締め付けられやすい部分で、さらに、生理中に付けるナプキンによって、かゆみが起きます。

 

最近のナプキンは、吸収性に大変優れているので、取り替える回数が減るのも原因となっています。

 

ナプキンはこまめに交換したり、ウォッシュレットを使用したりして、デリケートゾーンを常に清潔に保ちましょう。

 

疲労とストレス

 

また、疲れていたりストレスがたまっていたりすると、体の抵抗力が低下して、かゆみやかぶれが起こることもあります。

 

糖尿病などの病気や妊娠中で、抗生物質を服用している人も、デリケートゾーンにかゆみが起こる場合もあります。

 

下着によるかぶれ

 

下着やパンティライナー、下着などによるかぶれも起こります。

 

雑菌の繁殖を防ぐために、パンティライナーなどをこまめに交換したり、通気性の良い下着にしたりすることで、対処できます。

 

ムレてニオう

 

デリケートゾーンは、ムレてニオイを発します。

 

すそわきがは腋臭症(えきしゅうしょう)といって、そのニオイに悩んでいる人は実は多いんです。

 

クリアネオパールで正しくケアしましょう。

 

デリケートゾーンは洗い過ぎると良くないといいますよね。

 

まして、ナイロンタオルのように痛気持ちいいもので刺激を与えてゴシゴシ洗うと症状を悪化させてしまいます。

 

洗いすぎもよくありません。

 

クリアネオパールのように、しっかり保湿力があり、抗酸化力に優れているボディソープが一番適しています。

 

洗いすぎても必要なうるおいは残して、しっかり保湿することが大切だからです。

 

クリアネオパールをしっかり泡立てて、手と泡で洗いましょう。

 

また、ボディソープが陰部に残っていると、刺激の原因となることもあります。

 

そのため、すすぐ時は体のすみずみまでしっかりと洗い流しましょう。

 

 

デリケートゾーンをケアできるクリアネオパール公式サイトはこちら

 

クリアネオパールの口コミ・効果はこちらからチェック